ウーマンコム ブログ

健康食品GMPって?

サプリメントを購入するとき、消費者である私たちは、その製品が「どのような工場」で「どのような工程を経て」製造されているかということをなかなか知ることはできません。


もしかしたら安く購入できたサプリメントが、実はほこりや雑菌対策が十分でない工場で作られていたり、パッケージに表示されていた成分やその含有量が表示どおりではなかった、ということもあるかもしれません。しかし今までの私たちには、それを知る術もありませんでした。そこで新しくはじまったのが健康食品GMP制度です。



医薬品の世界ではGMP(適正製造規範)制度という、品質を守る仕組みが義務付けられています。GMP制度とは、原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。



これまで健康食品は、あくまでも食品ということで、そこまで厳しい基準はなかったのですが、健康食品にもGMP制度がスタートしました。




ウーマンコムは、2006年より日本健康食品規格協会の会員企業です。品質と安全を第一に考え、健康食品GMP工場にて製品化しています。