ウーマンコム ブログ

健康食品GMP取得は100社超

今年3月以降、品質、安全性に対する意識が、さらに高まっているそうです。
健康食品業界では、健康食品GMPや品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を中心に、具体的な対策をとる会社が増えています。


とりわけ受託製造企業(健康食品の製造メーカー)や原料メーカーでは、品質・安全管理体制が他社との差別化となりました。

健康食品GMPの取得企業は、日健栄協(日本健康栄養食品協会)、JIHFS(日本健康食品規格協会)あわせて100社を超えており、サプリメント業界内でもGMPが浸透してきました。自治体でも、健康食品GMP取得支援のうごきが出てきているそうです。


健康食品GMP制度ができて5年。おそらく来年以降、サプリメントの品質は健康食品GMPマークが目印になるかもしれません。

ちなみにウーマンコムはJIHFSの1年目から会員企業。サプリメントに、きちんとまじめに取り組んでいます。