ウーマンコム ブログ

シミ対策に、ビタミンC

東京都健康長寿医療センターでは、マウスの実験を行い、ビタミンCが欠乏すると表皮が薄くなり、さらに、紫外線照射によるメラニン色素の生成が増加することを発見し、米国研究皮膚科学会誌The Journal of Investigative Dermatologyの電子ジャーナル版で発表をしました。


この実験では、ビタミンCの水を飲ませたマウスと、そうでないビタミンCが欠乏したマウスを準備。そして

  • 4週間後と8週間後に皮膚からビタミンCが検出できるか
  • 紫外線B波(UVB)を照射した場合の皮膚の明るさを比較
  • 皮膚の中のメラニン色素の観察
  • 表皮厚および真皮厚の測定

を実施。その結果、ビタミンC欠乏群については、皮膚のビタミンCが欠乏し、皮膚の明度が下がり黒くなっていること(日焼け状態)、メラニン色素が増加し(シミ状態!)、皮膚が萎縮し薄くなるなど、いかにビタミンCが表皮の構造を維持する上で重要な役割を果たしているかを証明しました。


ビタミンCは水溶性で水に溶けやすいので、こまめにとるとよいです。今年の夏は、積極的にビタミンCを摂取しましょう。