ウーマンコム ブログ

パッケージがシンプルだから安い?

健康食品、サプリメントの販売文句で、違和感を感じていることがあります。
ひとつめは「パッケージがシンプルだから安い!」

たとえば商品をテスト販売などで少量を製造するときは、たしかにパッケージがシンプルな、たとえばアルミパックにドサッと詰めた方が安くできます。しかし定番商品として継続して製造するときは、きちんとしたパッケージでも、そんなにコストはかからないです。

たとえばコンビニやスーパーで売っている100円くらいのお菓子を見ても、結構しっかりしたパッケージの商品が並んでいます。


それでは何にコストがかかるかというと、それは個包装です。

飲む量を一回分ずつに小分けをすると、その分手間がかかるので、結構たいへんです。それでは個包装はやめたら・・・?

いえいえ、とくに粉末の商品は、袋にドサッと入れただけのものは、開封するとまとめて劣化、保存状態や使用方法によっては菌が繁殖するので、衛生的に個包装は必要です。

もちろん過度なパッケージは必要ないのですが、「パッケージがシンプル=安い!」という謳い文句には、なんとなく違和感を覚えてしまいます。

でも、「粉末製品は個包装」を守っていたら、パッケージそのものはそこまで凝らなくてもよいかも、とも思ってしまいます。