ウーマンコム コラム

健康の源は「眠り」にあり!?コストゼロ円でできる目覚めスッキリ!快眠方法

意外!?納得!?睡眠時間が一番短いのは40代女性

日本国民の中で寝ている時間がもっとも短いのは、40代女性なんだそうです。これは、平成23年行われた社会生活基本調査の主要統計表「行動の種類別総平均時間」で発表された睡眠時間の統計によるもの。

なかでも45~49歳は408分(6.8時間)とすべての世代の中で最低に。ちなみに同世代の男性は438分(7.3時間)、20代女性では475分(7.9時間)、30代女性は454分(7.5時間)という結果になりました。




「健康の源は「眠り」にあり!?コストゼロ円でできる目覚めスッキリ!快眠方法」の続きを読む

コーヒー好きに嬉しいニュース!体の炎症を抑え、がんリスクが低下するコーヒーの秘密

コーヒーががん予防に!?

挽きたての香り、口の中に広がる芳醇なコク…愛好家が多いコーヒー。脂肪燃焼効果や集中力などを高める効果を期待し、毎日コーヒーを飲んだほうがいいという説がある反面、飲み過ぎると体に良くないという説もあります。意見が分かれていますが、一体どっちが正しいのでしょうか。

最近の発表では、コーヒーを飲んでいると、がんのリスクが低下するという説があります。これは米国立がん研究所を中心としたグループが、2015月5月21日にがん領域の専門誌「キャンサー・エピデミオロジー・バイオマーカー・アンド・プリベンジョン」で報告したもの。

全身に慢性的な炎症状態が続くと、がんや糖尿病、メタボリックなどのリスクが高まります。今回の調査では、年配の白人男性1728人を対象に、コーヒーを飲む量と、炎症が発生したときに体内に放出される77種類の炎症物質について測定し、比較を行いました。




「コーヒー好きに嬉しいニュース!体の炎症を抑え、がんリスクが低下するコーヒーの秘密」の続きを読む

食わず嫌いはもったいない!?大人気のパクチーが持つ美容効果

独特の香りを持つパクチーは美容成分の宝庫!

一年草のせり科に属するハーブの一種「パクチー」。英語ではコリアンダー、中国では香菜(シャンツァイ)などと呼ばれ、好き嫌いが極端に好みがわかれる香辛野菜のひとつです。実は最近、このパクチーの美容効果が注目されています。

例えば、パクチーに含まれる豊富なβカロチンは、体内で抗酸化作用のあるビタミンAを作り出す成分になります。パクチーひとつでビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのほか、カルシウム、鉄分をしっかり補給できるので美肌作りにはかかせない食材といえるでしょう。

しかも特に注目したいのはキレート作用(デトックス)により、活性酸素に対する抵抗力も高める働きにあります。




「食わず嫌いはもったいない!?大人気のパクチーが持つ美容効果」の続きを読む

大人の美容は髪の毛から!?夏直前!梅雨時期こそ丁寧なヘアケアを心がけましょう

うねりが気になる梅雨時期のケア

年齢とともに髪の毛がうねりはじめた、パサパサ、ボサボサになってしまう…と感じたことはありませんか。

40代、50代と歳を重ねても美しい女性というのは、肌だけでなく髪の毛も健康的なもの。基本的に、髪の毛の伸びるスピードは1日0.4mm程度。1ヵ月では12mm、1年で14cmほど伸びる計算になります。ロングヘア(肩より下)になれば、ここ2年間の生活習慣が髪の毛に影響を与えているということに。

とくに湿気の多い時期に髪の毛が膨張してしまうのは、髪の毛が乾燥している証拠。充分に栄養と水分を補給し、乾燥してしまわないようにオイルやクリームで保湿を行っていれば、髪の毛は必要以上にうねったり膨張したりしません。




「大人の美容は髪の毛から!?夏直前!梅雨時期こそ丁寧なヘアケアを心がけましょう」の続きを読む

子宮体がんリスクが57%減少する地中海ダイエットの秘密

子宮体がんとは?

子宮体がんには、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが影響しています。本来このホルモンは子宮内膜の発育を促す作用がありますが、このホルモンの数値が高いと、子宮内膜増殖症を経て子宮体がん(子宮内膜がん)が発生するといわれています。

なりやすい人は、一度も出産したことのない人、肥満体質の人、月経不順(無排卵性月経周期)の人、卵胞ホルモン製剤だけでホルモン療法を受けている人など。そのほかにも、卵胞ホルモンとは関係なく、がん関連遺伝子の異常によって発生するケースもあり、この場合は高齢者に多くみられるそうです。




「子宮体がんリスクが57%減少する地中海ダイエットの秘密」の続きを読む