ウーマンコム コラム

PMS症状は年代によって変わる

PMS(月経前症候群)の症状は、日頃からストレスを抱えている女性に強く出る傾向にあります。

ある調査では20代は月経痛など月経の不快感に意識が向くせいか、PMSも体の症状に敏感になる傾向があります。30代以降は攻撃的になるなど心の症状の深刻度が増します。この傾向は経産婦やフルタイム就労者で、さらに顕著になります。

30代以降は、仕事では責任ある立場になり、妻、母親と役割も増える年代。PMSは、別名【30歳代中期症候群】とも呼ばれています。疲労やストレスを感じやすい生活はPMSと無関係ではありません。

20代:頭痛、肩凝り、乳房の張り、イライラ
30代:むくみ、アレルギー症状、攻撃的になる
40代:食欲が増加、頭が重い、一人でいたい

ライフスタイル別では、経産婦はイライラ・攻撃的になる・家族への暴言、フルタイム就労者は、いつも通りに仕事ができない・他人と口論するなどの症状がみられる。