ウーマンコム コラム

PMSの心の症状の改善法

PMSの心の症状の改善には、基礎体温と一緒にPMSの症状を記録するだけでも効果があります。

基礎体温表に症状を書き込み、“視覚化”することで、気分の変調があったことを自覚できます。たとえば、イライラした時には引き金となった出来事も書いておくと、次からは事前に対策を立てられます。

平常心で臨みたい仕事や行事などは、月経前を避ける事も一つの手段。身近な人に、PMSの理解を深めてもらうことも大事です。カレンダーに印をつけて、家族には「この期間は怒りっぽくなるけど許してね」と、オープンにしておくと、お互いのストレスも減るでしょう。

イライラする時には、月経が始まると治まると言い聞かせましょう。多かれ少なかれ、症状は誰にでもあるものですから、気を楽にして周囲の協力を得ながら乗り越えましょう。

生活習慣の改善も大切です。忙しい毎日の中でも、リラックスできる時間を持ちましょう。さらに、適度な運動と栄養バランスのいい食生活を心がける、ホルモンは夜に分泌されるので就寝は早めに、などできることからはじめましょう。