ウーマンコム コラム

中医学的、季節別デトックス秋~冬

春夏秋冬、それぞれの季節には、気候に応じてできる毒出し=デトックスがあります。

【秋】
秋は乾燥の季節。青々としていた木々の葉もすっかり枯れて、カサカサ、パリパリの落ち葉になるように、からだの中も乾燥しています。体内にうるおいが足りていないので、スムーズなお通じができず、便秘になりがち。

おすすめ食材
ほうれん草、豚肉、牡蠣、さんま、卵、梨、豆腐
さつまいも、里芋、れんこん、きのこ類、米類 など

夏に消耗したからだに力を与え、冬の寒さにも耐えられるように、エネルギーを蓄えましょう。

【冬】
寒くてからだが縮こまる冬。発散が抑えられるので、毒が外へ出て行きづらく、どうしても内側に溜まりがちな季節です。冬の寒さから身を守るため、からだがため込みモードになりますが、これも自然の摂理。溜まった物は春に出すくらいの大らかな気持ちで過ごしましょう。

おすすめ食材
白菜、大根、ほうれん草、長ねぎ、ごぼう、ぶり、牡蠣 など

冬に旬を迎える野菜には、からだを温める作用を持つ物が豊富。スープや鍋で、煮込んだ汁ごと食べて、野菜の栄養をまるごといただきましょう。