ウーマンコム コラム

話題の「成長ホルモン」をブーストさせる!迷ったらまずは「マカ」から始めてみませんか?

成長ホルモンの減少=エイジングサイン

年齢と共に減るのは女性ホルモンも成長ホルモンも同じ。成長ホルモンが減リだすと、少しづつ体にも変化が現れてきます。

例えば、夜遊びすると翌日に疲れが残る、物忘れが増える、下腹部に脂肪が溜まりだすなど。「今まで通り」だと、体調不良を感じるようになったら減少してきたサインかも。

また肌がたるむ、毛穴が目立つ、髪の毛のツヤがなくなる、白髪が増えるといったいわゆる「エイジングサイン」も成長ホルモンの分泌量と関係しています。



いくつになっても頼りになる成長ホルモンの働き

主な働きは体の各組織の成長を促し、代謝をコントロールすること。子供のころなら身長が伸びたり、バストサイズにも影響を与えています。さらに、脂肪を燃焼しやすくしたり、筋肉の修復を早めたり、病気への抵抗力を高める効果も確認されています。

一般的に、13~17歳が成長ホルモンのピーク。その後は体内で生成される成長ホルモンの分泌が減り、20代半ば、30代を過ぎた頃から、徐々に実感するようになります。

とはいえ、閉経と共にがくんと減少する女性ホルモンに比べて、成長ホルモンはささやかな努力で、いくつになっても私たちの美しさをサポートしてくれます。



体の内側と見た目若返りパワーに期待!

「マカは男性が"元気"になるためのもの」という意識は、もう過去の話。マカに含まれるアミノ酸アルギニンには年齢と共に減っていく成長ホルモンの分泌を助け、細胞を活性化させて「若返らせる」力が注目されています。しかもこのアルギニンには、活性酸素を除去したり、胃粘膜の保護、骨を強化する働きも。


もちろんサプリなどでアルギニンだけを摂取する方法もあります。しかしマカには、アルギニン以外に必須アミノ酸8種類を含む17種類、さらにビタミンB群、ビタミンC、亜鉛、カルシウム、アントシアニン、デキストリン、サポニンなどなどが豊富。美容にも健康にも嬉しい成分がこんなにたっぷり入っている天然のアンチエイジングサプリを見逃す手はありません。

この細胞を若返らせる力は、妊活する女性たちにも注目されており、葉酸・亜鉛・鉄とともに「授かりやすい体=若々しく健康的な体」作りに利用されています。

嬉しいことに、マカは栄養ドリンクのように一時的に元気になって、そのあと効果が切れた後にはどっと疲れが…という心配も無用。

というのも、マカの含まれる豊富な栄養は、体の本来持つホルモンの力を引き出し、支えることで相乗効果を生み出します。運動や適切な睡眠時間と組み合わせて、継続的に体の調子を整えたい人に最適です。

※「健康とアンチエイジングに!大人になったら始めたい「スロトレ」のススメ(http://womancom.jp/column/entry-1312.html)」もあわせてご覧ください。


ウーマンコムでは、添加物を一切排除したマカ100%、さらに品質を保つために1回分の個別包装など、長く愛用していただけるよう品質管理を徹底。

有機栽培で作られたマカ末にマカエキスを配合した「天日乾燥マカ」、野菜そのものを粉末にした「有機マカ純粋100%」、粉末が苦手な人でも利用できる粒タイプの「濃縮マカ」の3種類をご用意しています。

マカは味が苦手…という方も、味見サンプルをご用意しているので、お気軽にお試しいただけるので、1度トライして挫折した人、初めてマカを飲んでみる人にもオススメです。


最高級のマカを3,990円で
http://maca.co.jp/

 


php_banner_300_250 (4)