ウーマンコム コラム

生しょうがは体を冷やす!?体温アップには乾燥しょうが

低体温解消には、生しょうがは禁止!?

寒さが厳しい時期が近づいてきました。お風呂に入った後も、足が冷えてなかなか寝付けないなんてことも。手足が冷えた状態は、代謝や免疫力が低下して体調不良の原因になってしまいます。

高価な美容品や食材を口にすることよりも、まず第一は体を温めておくことは、健康と美容の秘訣。

昔からしょうがを食べると体がポカポカしてくるので、冷え性対策に最適だといわれています。実はこのしょうが、生で食べるのと乾燥させて食べるのでは効果に差があるようです。

テレビ番組で行った実験によると、普通のしょうがを食べると、指先の温度は上がっても、深部体温は少し下がってしまうという結果に。一方、乾燥させたしょうがを食べると指先の温度がかなり上昇した上に、深部体温もほとんど下がらなかったそうです。しょうがは、生よりも乾燥させたものには、体全体を温める力があるようです。



乾燥しょうがの成分

生しょうがにはジンゲロールという辛味成分が含まれていて、体内に入ると手先や足先などの血管を広げる働きがあります。しょうがを食べると体が温かくなるのはこの成分のおかげ。でも、体の内側の熱を末しょう部分に送り出してしまうので深部体温が少し下がってしまうことに。

このしょうがを、一度乾燥させるとジンゲロールの一部がショウガオールという別の成分に変化します。このショウガオールは、胃腸の壁を直接刺激して血流を高め、深部の熱を作り出す作用があります。そのため、乾燥しょうがを食べると、ジンゲロールとショウガオールの働きで、全身を温めることになります。



乾燥しょうがの作り方

生しょうがも体を温める働きがありますが、乾燥させることでさらに効果が期待できるなら、是非挑戦してしてみたいもの。

作り方は意外とカンタンです。しょうがを1~2mmにスライスして、室内で1週間ほど乾かすか、天気のよい日に天日干しを1日するとできあがり。

紅茶に入れたり、しょうが焼き、炒め物、摩り下ろして隠し味などにも使えます。乾燥しょうがは保存もきくので常備薬味として重宝しそうですね。





夏冷え解消!しょうが 使い方が間違ってた!
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20100825.html





 

 

php_banner_300_250 (4)