ウーマンコム コラム

体重変化なしでウエストが窮屈になったら要注意!痩せない40代の原因とは?

後ろ姿に潜む「おばさんの影」

体重はあまり変わってないのに、肉のつく位置が変わってきたな…と感じ始めるのは30代後半あたりからでしょうか。

最近、ちょっとおなか周りが気になりだした…と思ったらあっという間!ぽっこりおなかに、たるんだお尻、ぷるんぷるんと揺れる二の腕。若い頃のムチムチした太り方と違って、肌の弾力も落ちて体全体のお肉が重力に負けてるかも…と感じはじめたら要注意。

とくに暴飲暴食をしている自覚もないのにどんどん体型が「おばさん」になっていくのは、いくつかの原因が複雑に絡み合って、ちょっとやそっとのダイエットでは解決しない状態になってしまっているせいかもしれません。



40代から太りだす原因

40代~50代にかけて女性は更年期に突入します。この時期は女性ホルモン(エストロゲン)が減少するため、この影響で内臓脂肪がつきやすくなります。

また年齢を重ねることで代謝が低下し、今まで通りの行動では、カロリー消費が充分できません。そして代謝低下は体の冷えも加速させます。冷え症の人は皮下脂肪が溜まりやすくなりますし、無理な食事制限で減量すると、筋肉まで一緒に落ちてしまうことに。

その上スマホやデスクワークなど、姿勢が悪い状態で長時間過ごす生活習慣も問題です。姿勢が悪くなるとおなかがたるみ、そこに内臓脂肪が溜まります。猫背になった背中にも脂肪がつき、正しい姿勢を保つのが億劫になってさらに姿勢が悪くなるという悪循環に陥ってしまうケースが多いのです。



まずは現実をチェックするところから

体型の変化は、まずは現実を知ることからスタートです。思い切って正面からの全身写真と、後ろ姿(全身)をどなたかに撮ってもらってください。

もしかしたら「誰これ??」とショックを受けてしまうかもしれませんが、露出が増える時期に向けて動き出すなら今しかありません。短期戦で結果を出そうと思ってはダメです。じっくりゆっくり体を作っていかなければ、体調を崩して老けたり、リバウンドする危険があります。

今の体型に不満があるなら、少しづつでも体を動かすことと同時に、食生活の改善が求められます。これからは何キロ痩せたい。ではなくて、ウエストのライン、背中や二の腕のシルエットなど、見た目をどうしたいかを優先して体を動かしましょう。2週間目、1ヵ月目と定期的に写真を撮って変化を記録していくのも励みになるかもしれませんね。

私たちの体は、放っておくと年齢と共に代謝も筋肉も低下していきます。ちょっとハードだと感じる程度の筋トレを続けることではじめて現状維持ができると思ったほうがよいでしょう。

1人で続かないならジムに通うとか、何かプログラムに参加して運動習慣作りからスタートするのもよし。運動が苦手な人なら、ストレッチや太極拳、ヨガなど動きの緩やかなものと、食生活の改善をを組み合わせるのがオススメです。