ウーマンコム コラム

食わず嫌いはもったいない!?大人気のパクチーが持つ美容効果

独特の香りを持つパクチーは美容成分の宝庫!

一年草のせり科に属するハーブの一種「パクチー」。英語ではコリアンダー、中国では香菜(シャンツァイ)などと呼ばれ、好き嫌いが極端に好みがわかれる香辛野菜のひとつです。実は最近、このパクチーの美容効果が注目されています。

例えば、パクチーに含まれる豊富なβカロチンは、体内で抗酸化作用のあるビタミンAを作り出す成分になります。パクチーひとつでビタミンA、ビタミンC、ビタミンEのほか、カルシウム、鉄分をしっかり補給できるので美肌作りにはかかせない食材といえるでしょう。

しかも特に注目したいのはキレート作用(デトックス)により、活性酸素に対する抵抗力も高める働きにあります。



重金属や有害物質をキレート作用でデトックス!

環境汚染や添加物の多い食事などを続けると、体内に重金属や有害物質がたまった状態に。
そのまま放っておくと血行が悪くなり、吹き出物や目の下のクマなどお肌年代を感じさせる慢性的なトラブルが増加。フケでかゆみなど頭皮トラブルもおきやすくなります。

パクチーには、体内に蓄積していく重金属や有害物質を体外に排出する「キレート作用」があります。定期的に食べることで、これらのトラブルの軽減が期待されます。



活性酸素を軽減させる働きに注目

また体内に活性酸素が増えた状態は、シミやしわといったエイジングによる変化を加速させ、動脈硬化、がん、糖尿病といった疾病の原因になることも。体内の重金属を除去することで、活性酸素を抑える効果も期待できます。

そのほか、あの独特な香りにはリナロールやゲラニオールといった成分が含まれています。この成分は消化器系に働きかけて、胃腸の調子を整えてくれます。腸内で発生したガスの排出も助けるので、毒素をためない体作りができ、便秘解消にも役立ちます。

ただし、食べ過ぎると下痢や頭痛といった症状が出ることもあるそうですから、ほどほどにしましょう。

内側からのアンチエイジングにかかせないキレート作用を味方につけることができれば、シンプルな日頃のお手入れだけで、肌トラブルのない活き活きとした肌を手に入れることができるかもしれません。