ウーマンコム コラム

ビタミンを上手にとろう

体に必要不可欠ながら、体内で作れないor作れても必要量に足りない栄養素ビタミン。
美肌や、免疫力UP、疲労回復など、うれしい効果もたくさん♪
おいしい栄養ビタミンを、野菜から上手にとるコツをお届けします。

■野菜は油で炒める?蒸す?それとも生?
野菜の栄養の代表といえば、そう、ビタミン。生で食べると、
栄養がしっかり摂れそうなイメージですが、どの野菜もそうとは限りません。
ビタミンには、水に溶けやすい“水溶性”と油に溶けやすい“脂溶性”があります。

○水溶性ビタミン:ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC
水で洗うだけでも栄養が流れてしまうので、切った断面から栄養が抜けてしまわないように、
キャベツやレタスは、切る前に冷水につけてシャキッとさせましょう。

また、ほうれん草やブロッコリーなど、下茹でが必要な野菜は、
茹でると栄養を逃してしまうので、蒸すのがおすすめ。
炒める、汁ごと食べられる料理を選ぶと、栄養素を逃さずとれます。

○脂溶性ビタミン:ビタミンA、D、E、K
油で調理すると、吸収が良くなるビタミンなので、炒める、揚げるなどがgood。
とくに、水溶性と脂溶性の両方を含む優秀野菜、かぼちゃ、人参、小松菜などは、
オイルを絡めて蒸すオイル蒸しがおすすめです。

○生がおすすめお野菜
かいわれ大根、アボカド、カリフラワー、水菜などは、
オイルドレッシングをかけてビタミンの吸収をUPさせて、生でいただきましょう。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
健康な人の平熱は36.5℃から37.1℃と言われています。
体温が1℃上がると基礎代謝が13%アップするし、免疫力も5から6倍になるといわれています。
体温を上げる近道は、筋肉をつけること。
エレベーターより階段を選ぶ、レンジや電話をかけている数分の間はスクワットタイムなど、
ちょこちょこ運動してみませんか?
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆食事から摂るのが難しい栄養はコレでとろう
普段食事から、バランスよく栄養をとれると理想的。
特に、妊活中妊娠中の方は、普段の2倍の量が必要になるビタミン、ミネラルもあります。
毎日必要量を摂るのが難しい栄養素は、サプリで補充していきましょう。

ウーマンコムのミックスサプリ
鉄分、葉酸、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。