ウーマンコム コラム

この時期マストなマスクのはなし

この時期お世話になることも多いマスク。
とはいえ、街行く人を見ていると、正しくつけてない人もチラホラ。
ここは一度、正しい付け方外し方をおさらいしておきましょう。

■マスクのメリット、デメリット
マスクのメリットといえばもちろん、“風邪やインフルエンザを周りの人に移さない”、
“のどの乾燥を防いでくれる”、“花粉やPM2.5から自分を守ってくれる”など、
衛生面のメリットがあります。
実はその他にも、“マスク内にこもった呼吸で肌の保湿維持”、“紫外線予防”など、
美容面でもうれしい効果があります。

しかし、カサカサのマスクをつけ続けていると、肌が摩擦で荒れてしまったり、
マスクの内側についた唾液に含まれる細菌が原因で、にきびができてしまうことも・・・。

■マスクの正しい付け方、外し方
せっかくつけるなら、正しく装着したいもの。
1.マスクに触る前に手を洗って清潔にする。
2.マスクの針金を二つ折りにする。
3.口が当る部分は触らず、耳にかける部分を持って、マスクを装着。
4.鼻からあごまで隠れるように位置を調整。
5.鼻まわり、頬の左右のすきまを塞ぐ。

外すときは、耳にかける部分を持って外し、
菌やウイルスが飛散しないように、袋に入れて捨てましょうね。

■マスクのNG行動
・一度外したマスクをテーブルに置いて、また使う。
・口だけを覆い、マスクから鼻が出ている。
・着用中のマスクをあごにかけて、また使う。
・マスクの横側に隙間ができている。
・同じマスクを使い回す。

ついやってしまいがちな行動が、実はNGだったりします。
お肌は化粧水で保湿し、唇には厚めにリップバームを塗ってからのマスクは、
ふっくらくちびる、しっとりお肌の近道。
不織布で肌にやさしい手触りのマスクを選んで、健康と美容の両得を。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
低温期が長すぎる場合は、冷えなどが原因で、
子宮や卵巣の生殖機能が低下している可能性があります。
生理から排卵までの時間もかかるため、排卵の機会も少なくなり、
妊娠チャンスが遠のく原因に。
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆口内炎になりやすい人は、葉酸と亜鉛不足
栄養バランスの乱れやストレスが引き金となる、肌荒れ、ニキビ、口内炎には、
“粘膜のビタミン”と呼ばれるビタミンB群が効果的。

そして、ビタミンB群といえば“葉酸”。
葉酸をしっかりとっていると、お口の中の粘膜を守ってくれるので、口内炎予防になります。

そして、できてしまった口内炎には“亜鉛”。
粘膜の生成を促進して、免疫力も高め、口内炎の原因を減らしてくれます。

には、1日分の葉酸、亜鉛、鉄分が1包にギュッ。
ウーマンコムのミックスサプリ