ウーマンコム コラム

汗のにおいを強くする食べ物がある!?

少しずつ気温も上がり、真夏日の日も増えてきました。
そろそろ気になってくるのが、汗の臭い。

■汗がにおうのはなぜ?
汗には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。
エクリン腺は、暑いとき運動したときなどにかくサラサラの汗です。
アポクリン腺は、脇や足などからかく、ベタベタした汗です。

もともと汗は、ほとんどにおいません。
汗をかいた後の皮膚表面の雑菌の繁殖や、皮脂や垢が汗と混じることがにおいの原因です。
しかしそんな汗も、普段食べている食べ物次第で、においが強くなってしまいます。

■無臭のはずの汗のにおいを強くする食べ物
最近は、たんぱく質を摂った方が良いからと、お肉を積極的に食べる方が増えていますが、
実は肉類や卵などのたんぱく質は、汗のにおいが強くなる食べ物の代表でもあります。

チーズや牛乳、ヨーグルトなどの動物性脂肪を多く含む乳製品。
ネギやにんにくやニラなど、アリシンを多く含む食べ物。
糖分を多く含むお菓子やジュース。
食べると汗を多くかく、キムチやカレーなどの辛い食べ物。
その他にも、タバコやアルコール、リノール酸が含まれるサラダ油などのオイル類も、
においを強くします。

とはいえ、お肉も甘い物も、からいカレーだって食べたいですよね。
そこで大切なのが、においを抑えてくれる食べ物も一緒に摂ることです。

-においを抑えてくれる食べ物-
皮脂の酸化したにおいを抑える効果のある緑黄色野菜
ポリフェノールやカテキンを多く含む緑茶
発汗を抑えるイソフラボンを含む大豆製品
腸内環境を整える食物繊維を多く含むごぼうやわかめ

よく口にする物でカラダのにおいが変わるって、なんとも興味深いですね。
汗をかいても、においを気にしないで過ごせる夏になるといいですね。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
女性ホルモンの分泌の増減が激しくなる高温期と生理前は、寝汗をかきやすくなります。
寝汗の量が多くなるこの時期は、通気性の良いパジャマやシーツを用意して、
心地よい睡眠環境を整えるのがおすすめです。
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆コエンザイムQ10が加齢臭を抑える
パルミトレイン酸の酸化で起きる加齢臭。
このパルミトレイン酸の酸化を、コエンザイムQ10が防ぐ効果があるとの研究結果があります。

お風呂で清潔にするのも大切だけど、カラダの中からも加齢臭ケア。
日本製カネカのコエンザイムQ10が1粒にたっぷり100mg