ウーマンコム コラム

食前、食間、食後、正しいタイミングで飲めていますか?

お薬を処方されたときに、「このお薬は食前に飲んでくださいね」など、
飲むタイミングを指示されることがありますよね。
さてあなたはちゃんと、指示された通りに飲めていますか?

■正しい服用時間をおさらい
食前:食事をする1時間から30分ほど前に飲む。
胃を丈夫にしてくれる胃腸薬、糖尿病の薬、副作用が出やすい薬など。

食後:食事をしてから30分以内。
風邪薬や解熱鎮痛剤、消化を促す胃腸薬など。

食間:食事と食事の間の空腹時。食事の2時間後が目安。
漢方薬、空腹時の胃粘膜の保護をする胃腸薬など。

就寝前:寝る1時間前から、寝る直前。
薬の効き始めまで、30分ほどかかるため、1時間ほど前に飲む必要があります。

食間は、食事をとってる最中ではありません。
食前や食間は飲み忘れることが多いため、食後を指示されることもあります。

飲み忘れに気づいても、2回分まとめて飲むのはNG。
30分から1時間ほど飲む予定時間に遅れた場合は、すぐに飲めばOKです。
急いで体に働きかける薬は、用法、用量をきちんと守りましょうね。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
お薬を飲んだときは、基礎体温表にも飲んだ薬をメモしておきましょう。
「この時期になると、いつも薬を飲んでいるな」など、
長期的に見ることで気づくこともできます。
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆お疲れ気味の肝臓に、マカ
薬の大部分は、肝臓で分解され、腎臓から尿として排出されます。
しばらく薬を飲んでいると、肝臓もお疲れ気味に。
そんな肝臓の負担を和らげてくれるのが、アスパラギン酸。

マカにはアスパラギン酸もたっぷり。