ウーマンコム コラム

暑い時期こそ足湯で芯から温まろう

梅雨も明け、蒸し暑い夏がやってくると、そろそろ裸足で過ごす機会も増えてきますね。
涼しくて気持ちの良い素足の生活ですが、エアコンなどで直接足が冷えるので、
1日の終わりに温めてあげることが大切です。

■ミントで爽快フットバス
足首までお湯が入る洗面器やタライを用意します。
タライの中に、小さじ1の塩の上にミントのアロマオイルを2滴垂らします。
40から43℃のお湯をはり、10から15分くらい足をひたします。
途中、お湯が冷めてきたら差し湯をしてくださいね。

ミントに含まれるメントールには、毛細血管を刺激して血行をよくする働きがあります。
むくみも解消されて、ミントのすがすがしい香りでストレスも解消されます。
足湯後の、スーッとした爽快感が夏にぴったりでなので、ぜひお試しあれ。

殺菌・消毒作用のあるユーカリや、
筋肉痛や足のにおい予防に効果的なレモングラス精油を1、2滴プラスするのもオススメです。

暑い時期こそ、冷えがちな体をしっかりフォローしてあげたいですね。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
生理前や生理中は、ついつい体を動かすことから遠ざかりがち。
しかし、生理でしっかり子宮内のお掃除をするためにも、
ぜひ軽いストレッチやお散歩などで少し体を動かして、この時期特有の症状を緩和しましょう。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆コエンザイムQ10でスッキリむくみを解消
むくみは、塩分や水分の摂りすぎ、冷えが原因とされていますが、
実はコエンザイムQ10不足による、代謝と巡りの滞りも要因といわれています。
年齢と共に減少するコエンザイムQ10は、サプリから補充してあげるのが花マル。

日本製カネカの還元型Q10を1粒に100mgとたっぷり含有