ウーマンコム コラム

夏の快適睡眠は、エアコンにおまかせ

夏本番を迎え、寝苦しい夜が増えてきましたが、寝るときのエアコンはどうされていますか?

■夏は睡眠時間が短くなりがち
夏の睡眠は、夜中に暑くて目が覚めたり、寝つきが悪くなったりと、
とかく睡眠不足になりがちです。
睡眠の量もそうですが、質が下がると、日中の疲れやダメージを回復できなかったり、
自律神経が乱れにもつながってしまいます。

以前は、窓を開けて自然の風を取り込んだり、扇風機をつかったりするだけで
気持ちよく寝付けたのですが、猛暑日の増えた近年は、エアコンを上手に利用するのが、
快眠の鍵になります。

■夏の夜は、上手にエアコンを使おう
寝室の温度が高いと寝苦しく、下げすぎると寒くて目が覚めてしまいます。
寝る1時間ほど前に、寝室のエアコンを24から25℃に設定し、部屋の壁を冷やしておきましょう。
寝るときは28℃前後に設定を変更すると、朝まで心地よい温度を維持できます。

また、湿度が高いと蒸し暑く感じてしまうので、除湿をかけて湿度は40から60%の間に調整を。

そして、意外かもしれませんが、夏でも寝間着は長袖、長ズボンがおすすめです。
涼しい部屋に薄着で寝ると、体温を奪われて冷え過ぎてしまいますよ。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
「エアコンを効かせた涼しい部屋で寝ると、基礎体温が下がってしまうんじゃ…」
なんて心配はご無用。
朝起きて体温計をくわえたら、口をしっかり閉じた状態で体温を計ることが重要です。
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆たっぷり寝てもとれない疲れは、鉄分不足が原因
・しっかり眠ったつもりなのに、時々睡魔に襲われる
・むくみやすい
・階段をのぼる時、動悸や息切れがする
どれも鉄欠乏性貧血の症状のひとつです。
食事ではなかなか補えない量は、サプリでしっかりフォローがポイント。

ウーマンコムのミックスサプリ
鉄分、葉酸、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。