ウーマンコム コラム

パプリカで美白になろう

お盆も過ぎ、暑さもようやくひと段落。
夏のダメージを受けたカラダには、しっかり栄養を届けて、アンチエイジングを計りたいところ。

■お肌が気になるなら“パプリカ”
パプリカには、美肌に必須の抗酸化ビタミン、βカロテン、ビタミンC、ビタミンEの全てが豊富に含まれています。
しかも、パプリカに含まれるビタミンCは、加熱にも強いという性質を持っています。
ビタミンCの含有量は、レモンやパセリを抜いて、トップクラス。
むくみを改善してくれるカリウムも豊富に含まれているので、
パプリカは美容の強い味方お野菜です。

■赤、黄色、オレンジ、色は目的で選ぼう
パプリカは、熟し加減で色が変わり、
いちばん熟して甘いのが赤←オレンジ←黄色←未熟で苦みのある緑の順です。
色が違うということは、もちろん含まれる栄養も変わってきます。

・シミそばかすのない白い肌になりたい♪時は、
ピーマンの3倍のビタミンCと、ルテインがたっぷりな黄色のパプリカ。

・新陳代謝UPしたい♪時は、
代謝を上げてくれるカプサンチンと、抗酸化成分キサントフィルをトマトの100倍も含んだ
赤パプリカ。

・アンチエイジングでシワのないツヤ肌になりたい♪時は、
ピーマンの20倍のβカロテンと、抗酸化ビタミンEを含み、
黄色と赤の両方の栄養を含んだオレンジパプリカ。

生でサラダに添えて良し、加熱して塩焼きそばに加えて良し。
どんな料理にも馴染みやすいパプリカだから、毎日1/2コをコツコツ続けてみませんか?

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
基礎体温の低温期の体温は、36.5℃前後ありますか?
カラダが硬い人は筋肉も硬いので、体全体の血流も悪くなりがち。
ストレッチやリンパマッサージで、カラダの凝りをほぐして、
巡りの良い状態にしておきたいですね。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆シミ、そばかす予防にコエンザイムQ10と亜鉛
緑黄色野菜からしっかりとりたい抗酸化成分ビタミンE。
しかし、活性酸素を分解したビタミンEは、自身が酸化を促す成分に変身します。
コエンザイムQ10は、変身してしまったビタミンEを、元に戻してくれます。

増えすぎてしまった活性酸素と戦い、ビタミンEも救う。
コエンザイムQ10をしっかり補給しよう。

安心のジャパンメイド
ウーマンコムの還元型コエンザイムQ10