ウーマンコム コラム

太りやすいカラダになる秋の夜更かし

秋の夜長はのんびりゆったり過ごすのが楽しいですね。
夜更かしすると、ついついおやつやお酒に手が伸びて、さらに寝る時間が遅くなりがちに。
実は、夜更かしは美容の大敵なだけでなく、太りやすいカラダにもなってしまうので要注意。

■夜型生活でこぶたちゃんに変身
起きている時間が長いということは、活動量が多いということ。
ってことは、食べてもエネルギーが消費されて太りにくいはずですよね。
ところが実際は、夜に食べた方が太りやすくなる。

そこでポイントになるのが、BMAL1(ビーマルワン)と、グレリン。
BMAL1は、糖質を脂肪細胞に溜め込む働きがあり、22時から翌日の2-3時までが増加のピークです。
最も少ない14時からの1時間と比べて、この時間帯はBMAL1が20倍も多いとされているため、
この時間帯にお茶漬けやケーキなどの糖質たっぷりのお夜食は避けるのがベター。

そして、もうひとつのポイントが、食欲刺激ホルモン“グレリン”の存在です。
私たちのカラダは、食欲アップホルモン“グレリン”と、
食欲抑制ホルモン“レプチン”の分泌量のバランスがとれることで、
食べすぎを抑え、太りすぎない生活ができています。

ところが睡眠が足りなくなると、グレリンの分泌が増える一方、睡眠不足によるストレスで、
レプチンの分泌は低下。脂肪もつきやすくなってしまいます。

たまに過ごす夜更かしDAYはいいけれど、くれぐれも夜更かしはほどほどに…。

━[基礎体温活用ONE Point♪]━━━━━
毎日測るのがおすすめの基礎体温ですが、夜更かしして睡眠時間が短かったり、
いつもよりも寝坊したときは、正しく測れているか心配ですよね。
基本的に、基礎体温は毎日同じ時間に測ることが大切です。

どうしても眠たい……そういう日には、4時間以上睡眠をとって、
とりあえずいつもと同じ時間に測る。その後に二度寝がマル。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆実は睡眠不足と鉄分不足は関係アリ
鉄分不足は、体中に新鮮な酸素を送る役割をするヘモグロビン不足。
つまり、体中が酸欠状態ということです。
深い睡眠を得るには、脳にたっぷり酸素を含んだ血液を送る必要があります。
鉄分不足で、睡眠時間を長くとってもぐっすり眠れない状態が続くと、
疲れも抜けづらく、新陳代謝も悪くなります。

、鉄分、葉酸、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。
ウーマンコムのミックスサプリ