ウーマンコム コラム

食べてポカポカ鍋料理

寒波襲来、ますます寒さ厳しい毎日で、恋しくなるのが鍋料理。
鍋料理には、うれしい効果がたくさんあります。

■食べてポカポカ元気に鍋料理
鍋料理といえば、なんといっても色々な具材をバランスよく摂れるのがうれしいですね。

【鍋料理の嬉しい三大効果】
その一、
かさが減る分、いつもよりもお野菜がたくさん食べられる。

その二、
急激な血糖値や血中脂肪の上昇を抑え、腸内環境も整えてくれる食物繊維の宝庫、
きのこをモリモリ食べられる。

その三、
動物性たんぱく質(豚肉や鶏肉、魚介類など)と、植物性たんぱく質(豆腐や厚揚げなど)、
両方の良質なたんぱく質をかんたんに摂れる。

さらにカラダを温めてくれる薬味(にんにく、生姜、ニラなど)にもこだわると、
代謝もぐっとアップします。

ただし、シメに食べたいうどんやごはんは、おいしいスープをたっぷり吸うので
塩分が高くなり気味です。お湯や出汁で薄めに調整してからめしあがれ。

熱々のお鍋を頬ばると、カラダもポカポカ。
ついでにお部屋もぐつぐつお鍋で加湿されてポカポカに。
冷蔵庫の食材整理も兼ねて、いろんな具材たっぷりの鍋料理はいかがですか?

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆冷えや貧血改善には、鉄分、葉酸が不可欠
ホルモンバランスの乱れの原因にもなる貧血。
体のすみずみまで酸素が送れないでいると、冷えが進行して
卵巣機能も低下、高温期も維持できなくなります。

赤血球を作るために必要な鉄分、葉酸をしっかり摂ることで
貧血は改善できます。
代謝がUPし、体も温まると、ホルモンの分泌も正常になります。

葉酸、鉄分、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。
ウーマンコムのミックスサプリ