ウーマンコム コラム

最近歯ブラシ交換したのはいつですか?

お口の健康を守るために毎日使うものといえば歯ブラシ。
ところでその歯ブラシ、最近交換したのはいつですか?

■歯ブラシを換えるタイミング
「毛先が広がってないから、まだまだ使えるわ」と思っていても、
古い歯ブラシは磨き残しが増えたり、歯と歯茎を痛める原因になったりと、
イイコトはありません。

歯ブラシメーカーの調べでは、1ヶ月使用し毛先がわずかに開いた程度の歯ブラシでも、
新品と比べてみると、汚れを落とす力が2割も低下していたそうです。

せっかく毎日磨くのだから、汚れがきちんと落ちる歯ブラシを使いたいですよね。
そこでオススメしたのが、月に一度の歯ブラシ交換。
毎月1日に換える、満月の日に換えるなど、自分なりのルールを決めてみては?

ちなみに、歯ブラシを交換しても、1、2週間で毛先が広がってしまう人は、ガシガシ力を入れすぎです。
少し力を弱めて、シャッシャッシャと小気味良い音が鳴る感じでブラッシングしましょうね。

■使った後のお手入れのポイント
1回の歯みがきで、100万個近くの細菌が歯ブラシに残るといわれています。
そこで大切なのが、歯ブラシは使用後に流水でよく洗い、細菌を繁殖させないように、
しっかり乾燥させること。

ユニットバスに歯ブラシを保管するのは、
トイレ周辺の細菌がブラシに付着しやすいので避けましょう。
また、ひとつのコップに家族の歯ブラシをバサッと立てて保管もNG。
ヘッド同士がぶつかると、雑菌を移し合ってしまいます。

歯ブラシは、風通しの良い場所で、毛先を上にして、個別に立てて保管が二重丸。

最近は、歯みがきで口の中をキレイにしておくと、
インフルエンザの予防になるともいわれていますから、
乾燥が強いこの時期、こまめに磨くといいかもしれませんね。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆シミ、そばかす予防にコエンザイムQ10と亜鉛

緑黄色野菜からしっかりとりたい抗酸化成分ビタミンE。
しかし、活性酸素を分解したビタミンEは、自身が酸化を促す成分に変身します。
コエンザイムQ10は、変身してしまったビタミンEを、元に戻してくれます。

増えすぎてしまった活性酸素と戦い、ビタミンEも救う。
コエンザイムQ10をしっかり補給しよう。

安心の日本製。
ウーマンコムの還元型コエンザイムQ10