ウーマンコム コラム

コーヒーでムリヤリ元気を出してない?

「なんだかだるいから、コーヒーでも飲んでスッキリしようかな?」って時ありますよね。
でもこれ、カフェインでムリヤリ気合いを入れているだけで、カラダは疲れたままなんです。

■そのだるさの原因は“鉄分”不足かも?
・休憩をとっても疲れが回復しない。
・疲れがずっと残っている感じがする。
・夜しっかり寝ていても、午後になると眠気を感じる。
・やる気が湧かず、些細なことでイライラしがち。
・階段をのぼる時、動悸や息切れがする。

当てはまる項目が多い人は、鉄分不足が原因かもしれません。
血液中の鉄分が不足すると、カラダのすみずみまで酸素を十分に運べず、
上記のようなトラブルが現れます。
女性のほぼ半数は鉄分不足といわれていますから、牛や豚の赤身肉、
マグロやかつおのお刺身などを積極的に食べて、食事からどんどん鉄分を補っていきましょう。

■飲むタイミング次第で栄養を台無しにしちゃう!?
香りで癒されたり、リフレッシュさせてくれるコーヒー。
赤ワインと同じくらいポリフェノールも含まれていたりと、
上手に楽しみたい飲みもののひとつです。

しかし、飲むタイミング次第で、栄養を台無しにしてしまう厄介な敵にもなります。
その原因が、コーヒーに含まれるタンニン。
タンニンは、鉄の吸収を阻害するため、食事中はもちろんのこと、
直前、直後にコーヒーを飲むのもNG。
飲むのなら、食後1時間以降にしましょうね。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆貧血には、葉酸、鉄分、亜鉛が必須

赤血球内のヘモグロビンの材料となる鉄分は、カラダの中でつくることができないミネラル。
造血のビタミン葉酸、赤血球の膜を作って強い赤血球にする亜鉛も一緒にとりましょう。

鉄分、葉酸、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。
ウーマンコムのミックスサプリ