ウーマンコム コラム

4月3日は○○対策の日

日本にはいろいろな記念日がありますが、4月3日は“シミ対策の日”です。
気温の上昇とともに、紫外線の強さも増してくる4月。

ポカポカ陽気に誘われるがまま、なんの対策もせずにのほほんと散歩をしていては、
あっという間に肌ダメージが蓄積されてしまいますよ。

■4月の肌はゆらぎがち

紫外線が強くなってくるだけでなく、花粉、大気汚染物質、ほこりなどが舞い、
日中の気温の変化も大きかったりと、この時期のお肌は日々戦っている状態。

さらにはじまりの季節でもある4月は、新たな環境によるストレスから、シミが濃くなりがちに…。
この時期に大切なのが、“紫外線対策”と“うるおいバリア”と“栄養”。
日焼け止めは、塗りムラがないようにしっかり丁寧にたたき込み、こまめに塗り直す。

乾燥しがちな肌は、肌荒れやシミのダメージを受けやすくなりますから、
肌に水分と油分をしっかり補って、うるおいお肌をキープしましょうね。

そして、できてしまったシミ対策に必須なのが、鉄分と亜鉛とたんぱく質。
シミ対策といえば、ビタミンCを連想しがちですが、
実はシミの原因となる活性酸素をギャフンと言わせるのは鉄分。

できてしまったシミの層をどんどん押し上げて、
きれいな肌層に入れ替える新陳代謝を活発にする亜鉛と皮膚の原料のたんぱく質を
しっかり摂ることが大切です。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆シミのない若々しい肌を手に入れよう

どれだけ手をかけたかで変わる素肌キレイ力。
カラダの内側からのケアが、3ヶ月後、1年後、10年後の鏡に映る自分につながります。

不足すると、顔のたるみやくすみにつながる鉄分
ニキビや肌荒れの予防をする亜鉛
ターンオーバーを促す葉酸。

葉酸、鉄分、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。
ウーマンコムのミックスサプリ