ウーマンコム コラム

朝はホカホカごはんを食べよう

慌ただしい朝を過ごしていても、朝ご飯を食べるのは、健康的な一日を始めるためにとても大切です。
パンやシリアル、バナナなどのフルーツ、おにぎり、フレッシュジュース…。
朝食の定番はいろいろありますが、体温より温かいメニューを選ぶと、さらにうれしい効果が期待できます。

■あったか朝食のうれしい効果
基礎体温を測っている方はご存知のように、朝は体温が一番低い状態です。
そこに、ヨーグルトや野菜ジュースなどの冷たいものを食べるよりも、
温かいものを食べるほうが、より早く体を温めることができます。

温かい朝食で体温が上がると、基礎代謝がアップするので、やせやすい体になりますが、
その他にも、イライラが和らいで頭がスッキリ、集中力もアップします。

朝食にスープやお味噌汁などの具だくさんの温かい汁物を摂ると、
冷えがちな足先まで早く温めることができるので、つま先から来る全身の冷えや、
生理中の腹痛なども和らぎます。

さらに、体温が上がり血流UPすると、肌細胞の隅々まで栄養が届けられるので、
乾燥しがちなこの時期も、うるおい肌をキープできます。

ぜひ朝食には温かいものを…。
⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆カラダあたためサプリ
マカに多く含まれる“アルギニン”。
アルギニンには、筋肉をつけたり脂肪の代謝を促進する働きがあり、
身体の中でエネルギーを燃やして体温を上げてくれます。

必須アミノ酸がたっぷり入った無農薬・有機栽培マカ