ウーマンコム コラム

顔はどこから洗いますか?

キレイなお肌を維持するには基本の“洗顔”がポイント。
顔を洗った後、かさつきやつっぱりを感じてクリームで保護している人は、
もしかすると、NG洗顔法をしているのかもしれません。
余分な皮脂や汚れは落としつつ、必要なうるおいはキープする洗顔できていますか?

■正しい洗顔方法をおさらい
顔をバシャバシャッと濡らしたら、洗顔フォームを手で泡立てて、顔全体に泡を乗せて、入念にゴシゴシ。
ついやっちゃいがちな洗顔法ですが、もうこれNGてんこ盛りです。

まずは、洗顔前に手を洗いましょう。
手には汚れや雑菌がいっぱい、繊細なお肌に触れるには清潔な手が基本です。

手がキレイになったら、ぬるま湯で顔をすすぎます。
泡立てネットを使って、レモン1個分ほどの泡を立てたら、いよいよ洗顔開始。

洗顔料の泡は乗せただけで汚れを浮き上がらせてくれるので、皮脂の多いパーツから順につけていくのが鉄則です。
額→こめかみ→鼻→あご(口周り)→フェイスライン→目元

ゴシゴシせずに、泡を転がすように優しい力加減で洗ったら、人肌程度のぬるま湯で丁寧にすすぎます。
髪の生え際、こめかみ、あご付近は泡が残りやすいのでご注意を。

すすいだ後に、皮脂の多いおでこや小鼻の油分が気になったら、そこだけをもう一度洗います。

泡をつけてからすすぎまで、1分から1分半ですませるのが目安です。
最後にやわらかいタオルでやさしく押さえるように水分をとったらおしまい。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
◆シミのない若々しい肌を手に入れよう
どれだけ手をかけたかで変わる素肌きれい力。
カラダの内側からのケアが、3ヶ月後、1年後、10年後の鏡に映る自分につながります。

不足すると、顔のたるみやくすみにつながる鉄分
ニキビや肌荒れの予防をする亜鉛
ターンオーバーを促す葉酸。

葉酸、鉄分、亜鉛の1日の摂取目安量がこれ1包(4粒)でOK。
ウーマンコムのミックスサプリ