ウーマンコム コラム

美肌とダイエットの秘訣は、睡眠の質にあり

十分な睡眠は、健康作りの第一歩。
女性にとって、美肌作りやダイエットへの影響も大きいもの。

睡眠不足は、昼間の眠気、集中力の低下などにより、脳の高次機能の低下をもたらします。
さらに、ホルモン分泌などに見られる体の生理的なリズムを崩し、さまざまな不調の原因になります。

例えば、成長ホルモンの分泌リズムへの影響。
成長ホルモンは、成人の場合、肌細胞の新陳代謝を促す働きをします。
女性の美肌づくりに、質の高い睡眠が欠かせないのはこのため。

睡眠中は、体脂肪を分解してブドウ糖へ変える“コルチゾール”というホルモンの分泌も高まり、ダイエットにも睡眠は大切な働きをします睡眠不足は、美肌づくりと肥満防止、両方の大敵です。

体温の変動を利用して、睡眠の質アップ
質の良い睡眠づくりには、体温の変動を利用するのも手です。
人の体温は、18時~21時くらいをピークに下がり、就寝後も下がり、就寝の前後で温度差があるほど、眠りにつきやすくなります。

例えば、夕方に軽い運動をしたり、就寝前に温めのお風呂にゆっくり入ると、就寝前の体温をいつもより若干高めに保つことができます。
この高めの体温が、睡眠時に自然に下がっていくことを利用すれば、眠りにつきやすくなります。
しかも、睡眠直後に起こる、深い睡眠を自然にもたらします。