ウーマンコム コラム

中医学的、季節別デトックス春~夏

日本には、はっきりと特徴のある季節があります。
それぞれの季節の特徴を知っていると、季節ごとの毒出し=デトックスが気軽にできるようになります。

【春】

中医学では、毒出しの季節とも呼ばれる春は、土の中で眠っていた種が、新芽を外へ出すように、からだの中に溜まった毒素(=老廃物)を外へ排出するのに良い季節。

春の旬食材には、老廃物を体外に排出させる作用をもつものが多いため、ほろ苦いものを適度に食べるのがおすすめです。

おすすめ食材
菜の花、うど、たらの芽、ふきのとう、わらびなどの山菜類
竹の子やクレソン、セロリなどの他、名前に「新」や「春」がつくもの

無理に毒を出そうとしなくても、自然界が毒出しに良い食材をちゃんと用意してくれています。
旬の物を食卓に並べ、スムーズに毒出しをしましょう。

【梅雨】

梅雨時期は、ジメジメと湿気が多くなり、むくみを引き起こしやすくなります。
蒸し暑いからと冷房を使ったり、冷たい物をとったりすることも多いと思います。
しかし、体が冷えすぎると、胃腸の働きが弱まって消化機能が衰え、毒も外へ排出されにくくなるので、要注意。

おすすめ食材
玄米、小豆、黒豆、きゅうり、レタス、おかひじき、とうもろこしなど

この時期は、水分の排出をコントロールしている胃腸の状態を正常にするとともに、脂っこい物、塩気の強い物、甘いもの、冷たい物、お酒を控えましょう。

【夏】

暑い毎日が続き、汗を出してからだの熱を冷まそうとするあまり、汗と一緒に「気」や「血」も失い気味。
どうしても元気不足や燃料不足になりがちです。
暑くて食欲が湧かないという人も多いのでは?
氷入りの冷たい飲みものは1杯だけにして、からだに溜まった熱を取り去る効果がある旬の野菜を食べましょう。
汗で奪われた水分も補えますよ。

おすすめ食材
トマト、きゅうり、なす、にら、モロヘイヤ、オクラ、しし唐、青じそなど