ウーマンコム コラム

ストレス軽減で、キレイを取り戻す

女性ホルモンが十分でていると、月経周期が正常、内臓脂肪がつきにくい、冷えない、肌や髪がつやつやと、うれしい状態が続きます。

ホルモンの中でも女性ホルモンほど、年齢や周期で分泌量が大きく変動するものはなく、体調への影響も実感しやすいです。イライラやむくみ、頭痛、肩こりなど、更年期障害に似た症状があらわれると、20代、30代でも、卵巣の機能低下、いわゆる“プレ更年期”ではないかと心配する人もいます。

しかし、40代前半までの更年期的な症状は、ほとんどが過労やストレス、無理なダイエット、夜更かしなどが原因で起きる自律神経の不調によるものです。症状が出る時期によっては、PMSであることも。医学的には、“プレ更年期”というものはありません。月経不順を伴う場合も、ストレスによって、脳から卵巣への司令が正常よりもやや弱くなっているだけで、卵巣機能に問題があるケースは稀です。

つまり、20代から40代前半のほとんどの女性は、“プレ更年期”などではありません。過剰やストレスや自律神経の不調さえ改善すれば、脳と卵巣の仕組みは元通りに働き、月経リズムが整って、月経周期が正常で、内臓脂肪がつきにくく、冷えない、肌や髪がつやつやな状態に戻れます。