ウーマンコム コラム

清潔な人ほど要注意!?お風呂場で老化が進む3つのポイント

老化の敵は「乾燥」にあり

いくつかの条件が重なり、それを継続していることで、お肌が慢性的な乾燥状態になってしまうことがあります。実は同じようなことをしていても、若いうちはあまり気にならないので、そんなに重要なことだと思われていません。

でも歳を重ねるにつれ、あなたの肌老化を加速させてしまういくつかの条件は存在します。今回はお風呂場で気をつけたいことを紹介したいと思います。




「清潔な人ほど要注意!?お風呂場で老化が進む3つのポイント」の続きを読む

その口臭は体からのSOSかも!?30~40代から気をつけたいドライマウスの原因と解消方法

ドライマウスとは?原因は?

最近、喉が渇きやすい、口臭が気になる…と思ったら要注意。それはもしかしてドライマウスかも?ドライマウスとは、なんらかの原因で唾液が減ってしまい、口の中が乾いた状態になることを指します。

実はこのドライマウス症状に悩まされている人の9割が女性。ドライマウス自体は病気でありませんが、この症状が出るということは、何かの病気のサインや副作用の可能性があります。

今までは50代~70代に多い症状として「老化」のひとつ程度に思われていました。しかし最近では30~40代の女性にも増えているとか。原因は、老化や服用している薬の副作用のほかにストレスも大きな原因になっているそうです。




「その口臭は体からのSOSかも!?30~40代から気をつけたいドライマウスの原因と解消方法」の続きを読む

更年期の症状から将来の骨折リスクを予測!米国研究チームが報告

更年期以降の骨折リスク

昨年末、内分泌・代謝関連の国際誌ジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジーアンドメタボリズムのオンライン版に、更年期の「ほてり」「のぼせ」の症状が強い人は、骨折しやすくなるという研究報告が寄せられました。これは、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校を含む研究グループによるもの。

もともと、卵巣がホルモン生成を停止(閉経期)して生理がなくなる時期には、6割以上の女性に「ほてり」「のぼせ」の症状が出るといいます。この症状は個人差があり、長いときには数年続くといわれています。

この時期の女性は、古い骨を破壊する速度が、新しい骨を生成する速度よりも速く、必然的に骨密度が低下します。そうすると骨の内部はスポンジのようなスカスカになり、「骨粗しょう症」リスクが高まるため、骨折しやすくなるということのようです。




「更年期の症状から将来の骨折リスクを予測!米国研究チームが報告」の続きを読む

38歳で差がつく!老け顔と美肌顔の違いはスッピン風メイクの仕方にあり

アラフォーはメイク改革タイミング!

今までならスッピンをメガネで隠して出かけたり、薄くファンデーションを伸ばすだけですんでいたメイク。でも歳を重ねると、20代の頃のような肌荒れは減ってきても、シミやそばかす、肌くすみなど大人の肌悩みが続出。

以前なら、文字通りスッピンにちょっとだけパウダーをのせた「スッピン風メイクでも通用していたのに、こりゃバッチリメイクしないとまずいかも…。」今までの方法ではなんともできない悩みを実感するのは38歳くらいからでしょうか。




「38歳で差がつく!老け顔と美肌顔の違いはスッピン風メイクの仕方にあり」の続きを読む

40代から要注意!突然のうつ病発症、夫からのSOS見逃していませんか?

男性にも更年期障害があります

40代も半ばを過ぎると、女性の場合は更年期障害といわれる諸症状を感じることがあります。日頃の生活習慣や、漢方などの服用で軽減させることができますが、実はこの更年期障害、発症するのは女性だけではありません。




「40代から要注意!突然のうつ病発症、夫からのSOS見逃していませんか?」の続きを読む