ウーマンコム コラム

意外と不足しがち!?40代、50代の美肌や健康を支える「乳たんぱく」の魅力

ケアのつもりがエイジング促進に!?

「髪の毛がパサパサ」だったり、なんだか「最近肌のハリがなくなった気がする…」と感じたら、それは年齢のせいだけではなく栄養不足のサインかも。


例えば「お米は減らす」「肉類を減らす」「野菜中心の生活」。もちろんこれ自体が悪いわけではありません。しかし「健康」や「ダイエット」を目的にして始めた食習慣も、気づかないうちに食べるものが単一化していたり、偏ってしまう可能性があります。

とくに「不足しがちなビタミンやミネラル、コラーゲンもサプリできちんと摂ってるし…」と思ったみなさん。実は、たんぱく質不足になっているかもしれませんよ。




「意外と不足しがち!?40代、50代の美肌や健康を支える「乳たんぱく」の魅力」の続きを読む

大人になっても諦めない!新陳代謝を高める6つの方法

40代、50代の美容トラブル、根本的な原因は…

スキンケアもダイエットも、今まで成功した方法では効果が実感できなくなってくる年頃。「もう無理とあきらめるのはまだ早い。でも、どうしたらいいのかわからない…。」そんな気持ちでため息つきたくなる日もあります。

例えば、20代の頃の体と40代を過ぎた体と、一番の変化は「新陳代謝」。

年齢と共に衰えてくる代謝能力は、肌の弾力や、角質の肥大、体重の増加、髪の毛のツヤやハリなど見た目にも大きな影響を与えます。

今までなら、食事の量を減らしたら痩せる!肌が疲れていたら栄養ドリンク!美容液で集中的にダメージケアするだけで、あっという間に解消していたトラブル。

この新陳代謝が低下することで、食べる量を減らしても痩せない、反対に少し食べたら太った…。美容液も栄養ドリンクも飲み始めたら続けないとすぐに効果が落ちてしまう…なんてことに。




「大人になっても諦めない!新陳代謝を高める6つの方法」の続きを読む

長寿の秘訣は腸にあり!?長野県に学ぶシンプルな腸内環境の整え方

腸内劣化NO.1は山形県、腸内健康NO.1は長野県

森永乳業が、赤坂胃腸クリニック村田先生監修の元、全国47都道府県の20~50代の男女11,656名を対象に調査を行いました。これは直近の便の色・形、生活習慣に関する質問を点数(各50点満点)に換算して、都道府県別にランキング化したもの。


その結果、腸内劣化が進んでいると思われるのは、山形県、福島県、石川県、愛知県の順に。反対に腸内環境がよい「健康な腸」人口が高いと思われるのは、1位長野県、2位茨城県、3位神奈川県、4位岐阜県という結果になりました。


ちなみに上位の長野県は、厚生労働省が発表する長寿ランキング1位の常連県でもあります。



「長寿の秘訣は腸にあり!?長野県に学ぶシンプルな腸内環境の整え方」の続きを読む