その他

タグ検索:こうのとりレシピ

妊娠に大敵の症状別、おすすめ栄養

からだの冷え

栄養状態の悪さと血液循環の滞りによっておきます。

子宮や卵巣は冷えの影響を受けやすく、赤ちゃんが育ちにくかったり、排卵不良につながる可能性も。
冷え性の人は、血液の流れを良くすることが冷え改善につながります。まず、血液をサラサラにする食材、からだを温める食材を意識的に摂る。水分をきちんと摂ることも大切。からだを温めるタンパク質も忘れずに。

【血液サラサラ食材】
血液は脂質の酸化によって粘性が高まるので、酸化を防ぐ抗酸化食材や、魚を使ったメニューが◎。

青魚(サバ・鯵・鮭・いくらなど)・納豆・海藻・きのこ・青菜(モロヘイヤ・ほうれん草など)・さつまいも(皮も一緒に)・ねぎ類(玉ねぎ・長ねぎ・にんにくなど)


【からだあたため食材】
スープや鍋はもちろん、からだを温める作用のあるタンパク質・香辛料・根菜を使おう。
しし唐・唐辛子・しょうが・パプリカ・ねぎ類・いも(さつまいもなど)・根菜(れんこん・にんじん・大根など)・キムチ


【良質なたんぱく質】
肉・魚・卵・豆腐・納豆など

疲れがたまる

免疫力や抵抗力の低下の元。月経不順や排卵障害などを引き起こす原因に。

【疲れ回復食材】
疲労回復に効果のあるビタミンB群や、タンパク質や鉄などスタミナ&体力アップを期待できる栄養素を。

豚肉・大豆製品・卵・豚レバー・にら・にんにく・枝豆

ストレス

強いストレスは、活性酸素が大量発生の原因に。

この活性酸素、卵子や子宮内膜の質を低下させたり、生殖細胞を老化させる怖い存在です。

【ストレス解消食材】
ビタミンA・C・Eや、カルシウムをたっぷり含んだ食材で、からだのストレス耐性を高めよう。さらにたんぱく質が多い食材と組み合わせるのがおすすめ。

小松菜・ほうれん草・かぶ(葉も一緒に)ちりめんじゃこ・ししゃも・うなぎ・ピーナッツ・牛乳・豆腐・ヨーグルト

ホルモンバランスの乱れ

月経不順の原因のひとつ。

【ホルモンバランス整え食材】
低温期:
卵胞ホルモン(エストロゲン)がメインの時期。女性ホルモンの分泌調整をするイソフラボンを適度に摂ろう。

1日に豆乳なら130g、豆腐は100g、納豆は1パック(50g)、どれかひとつ摂れば十分。


高温期:
血液サラサラ食材+温かい料理が基本。質の良い血液を作り、内膜の材料となって受精卵の着床を助ける鉄分を摂ろう。鉄は、ビタミンCや葉酸と一緒にとると吸収率アップ。

年齢が気になる

女性は35歳を過ぎると、妊娠率がグンと下がり、全体的な体力低下は避けられません。コエンザイムQ10で、代謝や免疫力を高めて、精子も卵子も元気に若返ろう。

【コエンザイムQ10の含まれる食材】

まぐろ・かつお・レバー・牛肉・豚肉

男性向け*精力ダウン、持久力弱り気味

とにもかくにも、精力アップ!スタミナ不足と感じる女性にもおすすめ。

【精力アップに効果的な食材】
精力アップに効果的な栄養素といえば、ビタミンB1・アミノ酸・タウリン。

うなぎ・さんま・いわし・ほたて・たこ・いか・豚肉

男性向け*精子に元気がない

最近精子の数が少ない、動きが鈍い男性が増えているそうです。精子の構成成分亜鉛や、コンドロイチン硫酸を多くとろう。

【亜鉛を多く含む食材】
亜鉛は、精子の構成成分なので、精子の数を増やすことが期待できます。また、男女両方の生殖機能を保ち、細胞分裂を促す栄養素でもあるので、夫婦で積極的に摂りたい栄養素です。

カキ・レバー・牛赤身肉・ほたて・卵黄・ごま・明太子


【コンドロイチン硫酸を多く含む食材】
山いも・長いも・めかぶ・納豆・なめこ・わかめなど、ヌルヌルした食材

女性向け*卵子の質が心配

卵子を悪くすると言われている活性酸素を除去するのが先決。そのためには、抗酸化パワーの強いβ-カロテンや、ビタミンC・Eを一緒にとる。ポリフェノールにも強力な抗酸化作用があるのでおすすめ。

【卵子を元気にする食材】

ビタミンC・Eを含む、菜の花やブロッコリー
ポリフェノールを含む、りんご・柿・カカオ・ブルーベリー・プルーン
β-カロテンを含む、にんじん・かぼちゃ・にら・小松菜・春菊・パセリ・豆苗

する気になれない

子どもが欲しいけど、Hの回数は少なめ。そんな方には、精神を高揚させ、性的興奮を呼ぶ作用のあるフェニルアラニン(タンパク質に含まれるアミノ酸の一種)を。

【フェニルアラニンを多く含む食材】

卵・大豆・チーズ・ナッツやごまなどの種子類・かぼちゃ・じゃがいも・豆もやし

元気な赤ちゃんを育みたい

胎児の発育を助ける葉酸。特に重要な器官がつくられる妊娠初期に必須。1日400マイクログラムが推奨摂取量、水溶性なので赤ちゃんを望む人に、ぜひ妊娠前の段階から積極的にとり続けて欲しい大事な栄養です。

【葉酸を多く含む食材】

青菜(青梗菜・ほうれん草など)・とうもろこし・納豆・海苔・いちご・グレープフルーツ・レバー・ほたて